スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ナニワ金満高校Ⅱ アイラブマネー旋風  (宗田理)
【オススメ度(は5つが最高)】
★★★


【短評】
前作『ナニワ金満高校Ⅰ 一攫千金大作戦』の続編となる今作は、金儲けの知識を教える学校設立のための資金8000万円を持ち逃げされてしまったトオルたちが、再度学校設立の資金をどのようにして集めるか考えることから始まる。

大阪を舞台に、「パワーアグラ・クラブ」「金満じゅう」「ババ貸し屋」「悪ガキ・バスター」などユーモア満載のアイデアが次々と飛び出し、着々と学校開設へと近づいていく。

トオルたちはこのまま念願の学校設立を今度こそ成し遂げることができるのだろうか!?


【amazon.co.jpで購入】
※参考※ ナニワ金満高校Ⅰ 一攫千金大作戦

【楽天ブックスで購入】
※参考※ ナニワ金満高校Ⅰ 一攫千金大作戦
スポンサーサイト
2006/03/03(Fri) | [お気に入り]宗田理《そうだ おさむ》 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
大熱血!!落ちこぼれ探偵団 (宗田理)
【オススメ度(は5つが最高)】
★★


【短評】
彰栄学園の人気者である吉野美也子が何者かに殺された。

美也子と特に仲の良かった森下・朝倉ら「落ちこぼれ」と評されるクラスメイトたちは、担任教師やその父までをも巻き込んで犯人捜しに立ち上がった。

たとえ勉強はできなくても、犯人を捕まえるという1つの目標のもとに大同団結した彼らの考える作戦で美也子の無念を晴らしましょう!

三河(愛知県)を舞台に、あの織田信長の霊が降臨!?
 

話のストーリーとしては、学園(青春)モノにミステリーと紀行文を融合させた感じで、とても興味深いものになっています。

宗田理氏はこういった雰囲気の作品を数多く出していますが…珍しくどれも中途半端になってしまっているという印象を持ちました。

「落ちこぼれ探偵団」メンバーの関係にもう少し踏み込んでほしかったり、ミステリー部分で挙げると動機が曖昧であったことだったり…。

全て個人的な考えであるので、読んだ人の受け取り方で違いはあるとは思います。

まぁ他の作品ではいつも満足度が高いだけに、たまには辛口でもいいでしょうか(笑)


【amazon.co.jpで購入】
大熱血!!落ちこぼれ探偵団

【楽天ブックスで購入】
大熱血!!落ちこぼれ探偵団
2006/03/03(Fri) | [お気に入り]宗田理《そうだ おさむ》 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
高天原戦争 (宗田理)
高天原戦争
【オススメ度(は5つが最高)】
★★★★


【短評】
かつて天照大神(アマテラスオオミカミ)などの神が住んでいたと言われる高天原(たかまがはら)。

では、高天原というのは本当に実在する場所なのだろうか!?

明鏡学園高校2年生のヒミコは、ダイスケ・トシヤらと「ワンダーランド探検クラブ」を発足させ、その謎の解明のために高天原があると言われる場所へ旅立つことを決意。

だが、ワンダーランドへと辿り着いたヒミコたちを妨害しようとする者の存在が発覚。

その目的とはいったい…!?


【amazon.co.jpで購入】
高天原戦争

【楽天ブックスで購入】
高天原戦争
2006/03/03(Fri) | [お気に入り]宗田理《そうだ おさむ》 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ぼくらの第二次七日間戦争 グランド・フィナーレ! (宗田理)
ぼくらの第二次七日間(なのかかん)戦争(グランド・フィナーレ!)
【オススメ度(は5つが最高)】
★★★★★


【短評】
菊地英治が赴任した中学校であるゲームが大流行。

そのゲームとはテレビゲームなどではなく…マネーゲーム!

生徒たちは誰もがこのゲームの勝者になろうと、モラルなどどこ吹く風といった感じで大暴走。

子どもたちはなぜこうなってしまったのだろう?本当の「幸せ」とは何だろう?

英治と「ぼくら」の仲間たちの新たな挑戦が始まった!


【amazon.co.jpで購入】
ぼくらの第二次七日間戦争 グランド・フィナーレ!

【楽天ブックスで購入】
ぼくらの第二次七日間戦争 グランド・フィナーレ!
2006/03/03(Fri) | [お気に入り]宗田理《そうだ おさむ》 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
 トップページへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。