スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
電車男 (中野独人)
電車男
【オススメ度(は5つが最高)】
★★★★★


【短評】
本の帯には「今世紀最強の純愛物語、誕生!」と書いていたが、読み終わってまさにその通りだと感じた。


出会いは本当に偶然だった。

電車の車中で酔っ払いにからまれていた女性を救ったことから全ては始まった。

「年齢=彼女いない歴&アキバ系」の電車男は、救い出した女性(エルメス)をデートに誘い出すにはどうすれば良いのかわからずに困っていたが、2ちゃんねるの住人の助けの甲斐があって、食事に誘い出すことに成功する。

その後も、2ちゃんねるの「仲間」たちの叱咤激励を受け、徐々に親密な関係になっていく電車男とエルメス。

果たして電車男の走り出した恋の行方は!?


読み終わった今でも物語の余韻が残っている。

電車男の精神面や行動力がハッキリとわかるぐらいに成長していく点はもちろん、エルメスが電車男の全てを受け入れるような人柄には感動した。

2人は出会うべくして出会ったのではないかとすら思ってしまう。

しかし何と言っても、この「電車男」という物語は名も無き2ちゃんねるの住人たちがいなければ成立しない。

全く見ず知らずの人間が助けを求めているのに対し、色々と調べてアドバイスする姿勢、電車男の報告の度に一喜一憂する様子に最も感動した。

これほどまでに感動を与える作品にはそう簡単には巡りあえない。


※追記※
本文は実際に「2ちゃんねる」でやり取りされた文章を忠実に表現しており、独特のアスキーアートもリアルに再現されています。

また、文章内で使用されている2ちゃんねる用語がわからない場合も、カバーをめくるとちゃんと説明されているので安心して読むことができます。


【amazon.co.jpで購入】
電車男

【楽天ブックスで購入】
電車男
スポンサーサイト
2006/03/03(Fri) | [作家別]な行 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
 トップページへ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。