スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
おれは非情勤 (東野圭吾)
おれは非情勤
【オススメ度(は5つが最高)】
★★★★★


【短評】
主人公の“おれ”はミステリー作家を目指す一方、小学校の非常勤講師をしている。

多くの小学校を転々とする“おれ”は行く先々で事件と出くわす。

その事件というのも、殺人事件・盗難・自殺未遂・脅迫・毒殺未遂と様々。


非情な性格を持つ“おれ”は、生徒から見ると「良い先生」ではないだろうが、児童を諭しながら事件を解決するさまはまさに「素晴らしい先生」であると感じた。

また、この『おれは非情勤』には“おれ”を主人公とした6章のほかに、小林竜太という小学生を主人公とした短篇2作も収録されている。

これらも、話自体は短くも、ストーリーがしっかりしていて読みごたえがある。


【amazon.co.jpで購入】
おれは非情勤

【楽天ブックスで購入】
おれは非情勤
スポンサーサイト
2006/03/03(Fri) | [お気に入り]東野圭吾《ひがしの けいご》 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理人(池ちょん)のみ閲覧可能にする

トラックバック
トラックバックURL
http://treasurebook.blog50.fc2.com/tb.php/11-8b6bad3b
前の記事へ トップページへ  次の記事へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。